免疫力アップのサプリ

腸管免疫力を高めることが免疫力アップの基本です



免疫力アップ

  • 30代の頃に比べて疲れやすくなった。
  • 季節の変わり目には体調が不安定になる。
  • 冬の流行で辛い思いをする
  • 花粉で目を取り出したいほど痒い。

 

40代になると体調が悪くなったと訴えることが多くなるのはなぜでしょうか。。

 

それは殆どの場合、免疫力が低下するからです。

 

免疫力の低下をそのまま放置して病気を引き起こさないように、免疫力を高める対策が必要になります。

 

 

人間の免疫細胞の65%は腸内にいるので、腸内環境を改善することが免疫力アップにつながります。

 

具体的には腸内に善玉菌を増やすということです。

 

腸内に善玉菌を増やす方法

 

食品添加物は腸内の善玉菌を減らします。しかし、現在の食生活で食品添加物を完全には避けることができません。殆ど害のない添加物もあります。

 

でも、人工の着色料、保存料、香料などの添加物だけは問題が大きいので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

腸内の善玉菌は、オリゴ糖や食物繊維が好きです。

 

だから、オリゴ糖を含んだゴボウや玉ねぎ、食物繊維が豊富な海藻、きのこ、こんにゃくなど善玉菌のエサなる食物を食べるのも良いでしょう。

 

しかし、免疫力が低下している状態では、こういった普段の食事だけで善玉菌を増やすことは難しいです。

 

善玉菌がどうしても不足するならその不足部分を補うのがサプリです。

 

乳酸菌が免疫細胞を活性化する

 

腸内の乳酸菌は免疫細胞(白血球)を活性化し、免疫力を高める働きをします。乳酸菌サプリメントが腸内細菌の守る力を高めます。

 

免疫力とは守る力のことです。乳酸菌を何億個〜何十億個大量に摂取することで、守る力となります。

 

活性酸素の悪影響を抑える抗酸化サプリメント

 

腸内の善玉菌を増やす事は非常に重要なことです。

 

一方、老化やあらゆる病気の原因となる、過剰な活性酸素の発生を抑える必要もあります

 

活性酸素は、もともとは体を有害な細菌などから守るために発生するものです。しかし、日常において活性酸素が過剰に発生すると、体の細胞や組織を破壊して、色々な病気になってしまいます。

 

若さを保つため、病気にならないためにも過剰な活性酸素はを抑えなくてはなりません。

 

免疫力とサプリメント

 

守る力を高めるサプリメントには、腸管の免疫力を高めるサプリメントと、抗酸化サプリメントとの2つがあります。

 

善玉菌を増やすサプリメントを使う場合

  • 花粉で辛い季節が毎年憂鬱
  • 年中体調不良、特に季節の移り変わりの時期。
  • 冬の流行に毎年悩む。

このような悩みのある女性には⇒ 大腸に善玉菌を増やすサプリメントが良い結果をもたらすでしょう。

 


 

抗酸化サプリメントを使う場合

  • 強いストレス
  • 添加物の多い食生活
  • 生活習慣からくる体調不良

生活・仕事上から来る守る力の悩みには⇒ 抗酸化サプリメント

 

腸管の守る力を活性化・サポートするサプリメント

 

カイテキオリゴ

ラクトプランL-137の特徴

L-137です。腸まで強く届く乳酸菌HK L-137配合。貴女を外からの見えない敵からガードする力を持つのが、乳酸菌サプリメントラクトプランL-137。

生きた乳酸菌よりも強く長く安定的にカラダの奥で力を発揮する加熱菌体HK L-137。更にエネルギーを補いカラダを健やかに保つビタミンB群4種類と元気ときれいをサポートビタミンCも入っています。

L-137はこれまでの素材にはない「守る力」があることが分かりました。 その「守る力」の強さは他の乳酸菌と比べても群を抜いています。あまりも高い数値が出たため、研究者たちは実験ミスを疑ったほどです。

価格 2,100円
評価 評価5
備考 モニター特別価格3,086円⇒2,100円+送料無料
ラクトプランL-137の総評

L-137は、「おなかに役立つ」乳酸菌ではありません。その代わり、私達の流行に負けない丈夫なカラダを維持する能力として注目されています。

“L-137” は菌が死んでもその「守る力」が弱まることなく、むしろ、生きた乳酸菌よりも強く、長く、安定的に力を発揮することをハウス食品グループは発見しました。

乳酸菌は生きている方がよい、というイメージを覆す、ハウスの大発見です。 ハウスはこの乳酸菌L-137を加熱処理した加熱菌体とし、“HK L-137”と名付けました。

善玉菌のチカラの特徴

風邪やインフルエンザにかかりやすくて免疫力に自信が無い方は、善玉菌を増やして腸内環境を整えましょう。腸には免疫機能の6割があります。

善玉菌を増やすことで免疫細胞が活性化されて、免疫力は改善されてきます。乳酸菌サプリを選ぶときには、善玉菌のチカラのように効果が検証されているものを選びましょう。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌は1粒に20億個以上含まれています。ヨーグルトよりも低下ロリーだからダイエット中の方にも取り組みやすい。

価格 1,088円
評価 評価5
備考 定期コースなら初回半額の1,088円
善玉菌のチカラの総評

日本人に不足しがちなカルシウムがプラスされています。体の中から整える力が他の乳酸菌とは違うカスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株です。

他には無いパワーの源はトルコアイスを思わせる強力な粘りです。

乳酸菌革命

乳酸菌革命の特徴

1日2粒に話題の乳酸菌がギュッと1,000億個凝縮しています。主役級の乳酸菌16種類を配合されています。

しっかり免疫力アップのためのビフィズス菌の栄養となる高純度のオリゴ糖が入っています。
しっかり腸まで届く「有胞子性乳酸菌」

価格 2,730円
評価 評価5
備考 通常価格2,880円 ⇒定期コース2,730円。ルイボスティー10日分プレゼント。
乳酸菌革命の総評

リピート率85.7%販売60万袋。6種類のラクトバチルス菌3+大乳酸菌ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌。
何をやってもスッキリできなかった悩みがパワーアップした乳酸菌革命で理想の朝が迎えられます。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴの特徴

カイテキオリゴは便秘だけでなく免疫力アップに有効です。その理由は大腸内の善玉菌を増やすことで腸管免疫力をアップできるからです。そうすると風邪やインフルエンザに対する抵抗力が高まります。

赤ちゃんや妊婦さんから高齢者までほぼ純度100%の高品質なオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなり善玉菌を増やします。
善玉菌を増やすには純度の高いオリゴ糖を摂取する方法が最も簡単です。オリゴ糖と乳酸菌の2つを摂取すれば早く腸内環境が整えられることになり、その後オリゴ糖だけを続ければ良いでしょう。

価格 2,270円
評価 評価4
備考 商品を使い切っても満足しなかったら全額返金保証あり
カイテキオリゴの総評

日本一売れているカイテキオリゴは純度ほぼ100%のオリゴ糖。食品添加物は一切入らず、スーパーマーケットにある不純物の多い安いオリゴ糖とは全く違います。数種類のオリゴ糖をブレンドして多種類の善玉菌を増やします。
生後間もなくの赤ちゃんから高齢者まで広く飲まれています。熱にも強いので加熱調理にも変質しないので重宝します。

 

参考) 守る力を高めるサプリとは

免疫力アップして健康な人生を創る

 

人は何かを失いそうになった時にその大切さがわかるといいます。でも失ってしまった後では遅いですよね。これから必要な事は自分を守る免疫力を自分自身で高めることではないでしょうか。

 

そういう視点が必要だと思っています。生活には大事なことが沢山ありますが、健康においては「免疫力を高める」1点に絞ってみたいと思います。あらゆる病気を予防して人生の後半を明るいものにしたいものですね。

 

私は最近血圧の薬を止める事ができました。体重を8s落としたそれだけで血圧は15年ぶりに正常値に戻りました。35℃台だった低体温が、36℃台の体温になりました。この驚きの結果から、お医者様にかかる前に自分自身でできる事はたくさんあるということでした。

 

安保徹先生は、全ての病気の原因は低体温と低酸素の2つと仰っています。低体温と低酸素で免疫力は低下して病気になってしまうのです。

 

私の体温が高くなったことは、免疫力が上がっている証拠なんです。それでね、ら再認識したことがあります。

 

健康はお医者さんに作ってもらうものではないということです。薬で症状を抑えるのがお医者様の主な仕事であって、決して病気を治す仕事ではないんです。

 

患者が自分で治す気があってこそ原因は解決できるんです。薬の問題ではありません。自分の健康に責任を持つのは医者ではなく、「私」なんだと心の底から実感ができました。

 

免疫力アップするサプリメント

 

免疫力をアップするにはサプリメントを上手に活用するのも有効です。どのような免疫力を高めるサプリメントがあって、どんな根拠で有効なのかお伝えします。

 

免疫力をアップする3つの方法

免疫力を上げる方法は3つにまとめられます。免疫細胞の60%以上が存在する腸の善玉菌はとても重要活性酸素が全ての病気の原因です。免疫細胞が生き生きしていないから活性酸素が暴れまわり体細胞を傷つける結果病気になってしまいます。過剰な活性酸素をなるべく予防することで、免疫細胞を無駄に働かせることがなくなります。そのためには活性酸素が過剰に発生する生活習慣を改める必要があるのです。

 

免疫細胞の活性化に重要なポイントは低体温を改善するです。日頃の体温が35℃台だと低体温だと言えます。一度日に何度か測ってみてください。低体温の場合には入浴方法を見直しましょう。
これらの基本を理解して自分が行うべき免疫力アップの方法を決めていきましょう。

 

免疫力アップのサプリメント

  1. 腸管免疫力をアップする
  2. 免疫細胞を活性化する
  3. 免疫細胞を活性酸素の毒性から守る

腸管免疫力アップする方法は手軽で効果的な方法です。

免疫細胞とは白血球のことです。この白血球を活性酸素から守ったり、活性化したり大事なポイントはいろいろあります。最初の取り組みは、腸管免疫を高める方法が、最も手軽で多くの人が効果を実感しています。。まず腸管免疫力をアップさせる方法に取り組んでみましょう。

 

免疫力アップjには41℃のお風呂で体を温める

現代は標準的な暮らしをしているだけで、免疫力が低下していく時代です。大気汚染、住環境、食生活や嗜好品には免疫力を低下させる化学物質がたくさん含まれています。

 

家庭や仕事では精神的、肉体的なストレスに満ちた生活を送り、加齢による免疫力の低下も加わるから、健康にとっては結構厳しい時代だと言えます。

 

免疫力が低下する生活をしている認識が余りないし、免疫力を高める具体的な方法がわからない。この2つが私たちの現状です。免疫力が大事なことはみんな知っているのに、免疫力が低下してアレルギーや癌患者が増え続けているのは改善できないことではありません。

 

40代ともなると、免疫力が徐々にダウンして病気にかかりやすくなりますし、体調も崩しやすくなるので、そろそろ具体的対策を実践していきましょう。

 

免疫力アップのためのサプリメント

免疫力アップには腸内の善玉菌を増やすのが大きなポイントになります。善玉菌を増やすのに最も有効なのは複数のオリゴ糖をブレンドしたものをエサとして与えることになります。

 

オリゴ糖はカイテキオリゴをおすすめします

カイテキオリゴは高純度高品質のオリゴ糖

オリゴ糖についてです。カイテキオリゴは純度の高いオリゴ糖がブレンドされていて、これ以上高品質のオリゴ糖はどこを探してもありません。

 

実際に継続して飲んでいる私の胃腸は快適になりました。

 

乳酸菌サプリは自分の腸にいる善玉菌ではないので、長くは腸には定着しません。

 

そのため、免疫力を高めるサプリとして毎日摂取する必要がありますが、比較的早く機能してくれるので、最初は乳酸菌とオリゴ糖の利用、免疫力が高まるにつれ次第にオリゴ糖だけに切り替えていくという方法がおすすめです。

 

乳酸菌は効果の実証されているものを紹介しています。

 

まず生活の基本を調整する

 

免疫力をアップするためには睡眠の質や食生活、適度な運動など色々な要素が絡んできます。

 

サプリメントに頼るのではなく、そういった免疫力を高めるための生活の基本の調整が重要です。生活の誤りをそのままにしておいて、サプリメントだけで免疫力アップできるなんてありえません。

 

健康は努力なしには手に入りません。

 

医者に処方してもらう薬でも同じですが、薬の場合生活を見直さなくても、薬を飲んでいれば症状は治まるので、結局生活は見直さないという習慣がついていました。

 

症状を抑えるのは治ることではありません。医者の薬だけに頼るのはいい加減やめようと考え、ささやかでも免疫力アップのための努力を始めました。

 

免疫力を低下させる生活を見直した上で、守る力を高めるサプリをうまく使う。これにより効率的に免疫力を高められるので、ぜひ利用してみてください。

効果を実証されているサプリメントを紹介

サプリメントは動物実験での基礎的なデーターから「効果がある」とされているものが多く、人間を用いた効果検証は多くはありません。

 

このサイトでは人を対象にして効果があったと実証された乳酸菌やオリゴ糖だけをご紹介します。上の画像でいうと

 

1.腸管免疫力をアップする=善玉菌を増やすという方法です。乳酸菌やオリゴ糖に関してはその安全性に問題はなく、活用ができるものです。
めに
飲酒後、肝臓がアルコールを分解する際、活性酸素を生成します。酒量の多い人、弱い人は要注意。

 

●軽めの有酸素運動をする
ウォーキングなどの軽めの有酸素運動は、抗酸化酵素の働きが活発になり、酸化が抑えられます。

 

●ストレスをためない
過度のストレスは体内で活性酸素を増やしてしまいます。

 

●紫外線をさける
紫外線を浴びると、活性酸素が生成され、シミやシワの原因になります。
外出時は日焼け止め、帽子、日傘、サングラス等で、紫外線対策をし、日光に長時間当たらない様にしましょう。

 

飲酒後、肝臓がアルコールを分解する際、活性酸素を生成します。酒量の多い人、弱い人は要注意。

 

腸内細菌と免疫力は切っても切れない深い関係

腸内細菌と免疫力は切っても切れないほど大きく関係していて、年齢と共に善玉菌の数は減少してきます。

 

女性も40代になると免疫機能の60%が存在する大腸の善玉菌が減ってくるのですから、どうにかして増やす必要があるのです。

 

腸内の善玉菌を増やすことで免疫力を上げる事が一番近道です。まず腸内の善玉菌を増やして腸内フローラで一杯の大腸にしましょう。

 

善玉菌を増やす身近な方法として、免疫力を高める食事を心がける事はもちろん大事なんです。しかし、食事だけではなかなか免疫力アップの効果も感じにくいのが現実です。そこで食事を改善することと有効なサプリメントを摂取するのが合理的な方法です。

 

私やあなたの免疫力・抵抗力に最も重要な腸内細菌。腸内細菌を増やすには豊富な栄養が必要です。

 

食事だけでは、わずかな栄養素を吸収するだけなので、体内には腸内細菌をしっかりと増やすほどには吸収されません。

 

そのためなかなか守る力を高めるレベルにはならないので高品質のサプリメントをうまく活用したいものです。

免疫力アップして風邪もインフルエンザも予防したい

免疫力が高まれば外から風邪やインフルエンザウイルスが入りこんでも直ぐに免疫細胞が防御するので、病気で苦しみません。

 

免疫力は腸内の善玉菌により決まります

 

健康とは免疫力が強い状態のことです。

 

女性も40代ともなると気持ちとは裏腹に、体力の低下や健康に不安を抱くようになるものです。冬になると風邪やインフルエンザにかかりやすくなったと悩んでいませんか。それは貴女の免疫力が低下した証拠だと言えます。

 

そうかといって簡単に薬を使うようではダメなんです。

 

薬は悪いところを抑え込むだけなので、問題が解決するわけではないからです。逆に免疫力を上げられれば、色々な病気の予防ができます。

 

老化とともに免疫力が低下してくると色々な病気にかかりやすくなります。

 

腸内の乳酸菌の増やし方

 

2通りあります。

 

  1. 胃酸で死なずに腸まで届く乳酸菌を食べる
  2. 善玉菌=乳酸菌の良質のエサを与えて腸内の善玉菌を増やす。

 

便秘などにも期待ができるとして今や有名な乳酸菌です。

 

ヨーグルトで大量の乳酸菌数摂取するにはかなりの量食べることになります。沢山摂取するとカロリーオーバーになって肥満の原因になってしまいます。

 

1.乳酸菌サプリを摂取する:善玉菌そのものを大量に摂り腸まで届ける
生きて腸まで届く乳酸菌として評判が高い⇒こちら

 

2.オリゴ糖を摂取する:善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取する
⇒ カイテキオリゴは守る力をアップするために善玉菌を増やします。

 

 

乳酸菌を食べるとインフルエンザにかかりにくい。

免疫力をあげ、健康な生活を手に入れるために私が半年前からやってきたことがあります。

 

それは、乳酸菌が生きたまま腸まで届くと言われるヨーグルトを毎日1,000cc食べることでした。

 

 

普段の食生活も風邪やインフルエンザに対する抵抗力と深い関係があります。

 

私の食べているヨーグルトは他のヨーグルトに比べて、食べる回数が多いほど風邪をひいても症状が軽いことがわかってます。。

 

 

免疫力が低下していては、インフルエンザの予防摂取を2回したとしても十分な効果は得られません。

 

しかしこのヨーグルトを2~3か月食べると、冬の流行に対する抵抗力が上がることが研究結果からわかっています。

 

守る力を高めることで冬の流行の症状が軽い

 

普段の食生活が体の免疫力に関係しているのは納得できます。食べ過ぎで腸内環境が悪くなると、善玉菌が増えずに悪玉菌が増えてしまいます。

 

この時、ヨーグルトを食べることで腸内に乳酸菌という善玉菌が増える。実に単純な事のようですが、この乳酸菌に免疫機能を高める機能があるんです。

 

 

ヨーグルトを食べると、肺の中でインフルエンザウィルスの増殖を予防できます。だから、仮にインフルエンザにかかったとしても症状は重くなりにくいのです。

 

ヨーグルトを食べている人は、食べていない人に比べて風邪を引いた回数や発熱やのどの痛みなどの症状が軽くなります。

 

 

もちろんヨーグルトは薬では無いので即効性はなく、中長期的にヨーグルトを食べる事で徐々に免疫力が改善できます。

 

便秘の場合には割と直ぐに効果があったりします。私がヨーグルトを紹介し、食べて2日目に便がドッサリでたって人がいました。

 

でも、免疫となると即効性を求めるのは無理というものでしょう。私も喉にアレルギーを抱えているので気長に治す心構えができました。ステロイドは吸いたいないですからね。

 

ヨーグルトを食べ過ぎると白内障になる?

 

今では一日1,000ccのヨーグルトは中止しました。カロリーが高くて太ってしまうという理由もありますが、それだけではありません。

 

実は「ヨーグルトをたくさん食べると白内障になる」と知ったからです。

 

 

これはお医者さんもそのような論文を書いているので、どうやら嘘ではないようです。知ってしまった以上ヨーグルトを食べるわけにはいきません。

 

沢山ではなくてカップ1杯で良いのでは?とおっしゃる方がおられるのは承知していますが、カップ1杯のヨーグルトに乳酸菌がどれぐらい入っているでしょう。免疫力を高めるためにはそれでは不足です。

 

日本にある発酵食品にも乳酸菌が含まれているので食べればそれだけ健康には良いとは思いますが、これもヨーグルトと同じで乳酸菌の絶対量が足りません。

 

乳酸菌は大量に摂取しなくては意味が余りありません。それには2つの方法があります。

 

私が手作りが好きなせいもありますが、免疫力を高めるためには、食生活をはじめとして日常生活の送り方を見直す必要があります。

 

守る力をアップするサプリには抵抗がある方があるかもしれませんが、自分に合ったものを購入して、備えておくことで役に立ちます。

 

免疫力というものは一日二日でできあがるものではありません。

 

免疫力を高めることで病気をせずに過ごせれば、医療費も要らず安あがりです。

 

守る力を高めるためにサプリを買い置きする場合、消費期限があるので沢山は置いておけません。

 

特にお金をかけなくても生活そのものを見直すだけでもかなりの効果があります。

 

 

サプリメントは薬ではないといっても、体に全く問題が無いとも言えません。

 

素材の品質が関係するからです。安いサプリメントは、材料費が安いから安くできるわけです。

 

高価だから良いとはいえませんが、安いものは殆どの場合材料に問題があります。

 

たとえばビタミンCはどのサプリメントにも良く入っていますが、まさか果物や野菜から作られていると勘違いしていませんか?

 

 

普通の価格のビタミンCは化学合成されたものです。

 

果物や野菜から作られたビタミンCであれば、非常に高価なものになるので数百円で買えるようなものではありません。

 

 

免疫力を整えるようなサプリは特に材料が重要です。守る力を高めることを第一に考えるなら、体に害のある物は免疫力を低めてしまいます。

 

特別に高くないものであっても、1か月分で数千円はするのが当然です。大量に作ることで、それぐらいの安い価格で販売できるのです。

 

 

ずっと暑さが酷い夏は疲れも溜まり、寝苦しくてたまらなかったという人もいらっしゃるでしょう。夏の疲れやダメージは10月ごろに体に現れることは珍しくありませせん。イビキが耳について寝れなかったりだと毎日が睡眠不足でストレスも溜まり体はいつもダメージを受けていたりします。

 

人によって色々と免疫力を下げる条件が違っているのですが、免疫力を上げるやり方は共通しています。

 

早寝早起き、添加物の多い食品は食べない、腹八分目、ストレスを溜めない、適度にリラックスする。適度な優山荘運動をするなど誰でもできる免疫力を高める生活です。

 

それに加えてサプリを摂取すれば、体調も崩しにくく、冬の流行の予防としての効果も期待できます。

 

ですから、生活習慣の見直しと守る力を高めるサプリとの併用が良いのではないかな。

 

 

乳酸菌は腸管免疫力を高めるものとして有名ですが、自然界でみつばちが作る、栄養素プロポリスも免疫力を高めるものとして知られています。

 

プロポリスは腸管免疫力を高めるのではなく、全身の細胞を活性酸素の害から守ってくれるものです。

 

この活性酸素というものは、酸素呼吸をしている人間にとっては必ず発生するものです。

 

 

本来、活性酸素は体に害をもたらすものを無害化して人間の体を守っていますが、ストレスが過剰になったり、タバコを吸ったりなど色々な生活場面で過剰に発生します。

 

そうすると過剰な活性酸素は自らの体を攻撃してしまい、細胞を破壊してしまうのです。

 

 

過剰な活性酸素があらゆる病気の原因となります。

 

そのため、過剰な活性酸素を発生させない対策が大事になります。

 

 

過剰な活性酸素は生活のあらゆる場面で発生します。例えば、出来合いの加工食品の中には、多くの食品添加物が使われています。

 

無害のものから有害なものまで幅広い添加物ですが、有害なものほど大量に活性酸素を発生させます。

 

活性酸素を発生させて無毒化しようとする働きが、体を痛めつける事になってしまうのです。

 

 

大量の飲酒、タバコ、過剰なストレス、睡眠不足、など色いろと何でも過剰な活性酸素発生の原因となるので、生活そのものを見直して改善することでかなり予防できます。

 

生活の改善の一方で、プロポリスのような活性酸素に対抗するサプリを利用するのも非常に役立ちます。ミツバチの巣に色々な細菌が侵入しないように分泌して殺菌作用のある物質がプロポリスです。

 

ロイヤルゼリーは栄養価の高い食べ物ですが、プロポリスは同じミツバチが分泌する免疫力高い抗酸化物質です。

 

 

プロポリスを利用することで、活性酸素から体を守り、乳酸菌サプリの利用で守る力を高める、この2つのサプリの利用で健康な生活を開拓してはどうでしょうか。

 

もちろん薬では無いので病気を治すというのではなく、守る力を高めるのに利用できる食品としての位置づけです。

 

 

免疫サプリに限りませんが、品質の問題が大きい事にも注意を払わねばなりません。

 

安価なサプリには粗悪な材料が使われていることがあるので、要注意です。

 

パッケージをみただけでは粗悪な材料かどうかもわからないので、余り安いものには手を出さない方が無難です。

 

あとサプリの話ばかりなっているようですが、ビタミンとミネラルをしっかりと摂取することがサプリを摂ること以上に大事です。

 

いくら良いサプリをとってもビタミンやミネラルが不足していると十分に体に吸収されないからです。

 

更新履歴