免疫力アップのサプリメントならラクトプランL-137

ラクトプランL-137について

▼ラクトプランL-137の詳細▼


 

ラクトプランL-137は免疫力を強くする乳酸菌です。ラクトプランL-137は便秘に有効な乳酸菌ではなく、何より守る力=免疫力を高める機能を持った乳酸菌として注目を集めています。

 

ラクトプラン“L-137"はハウス食品の研究によって発見された乳酸菌です。

 

では、L-137の何が一般の乳酸菌と違う大きな特徴なのか見ていきます。

 

それは、乳酸菌が死んでもその「守る力=免疫力」が弱まることなく、むしろ、生きた乳酸菌よりも強く、長く、安定的に力を発揮する乳酸菌だという事です。 

 

乳酸菌の死菌を摂取すると免疫力が高まる仕組みについて

 

 

ラクトプランL-137    

*黄色な錠剤の中にぎっしりHKL-137が詰まっているので、噛まずに飲みます。尿が黄色くなるのはビタミンBが入っているからです。最初は、朝トイレでギョッとするかも知れませんが心配はいりません。

 

私はこの錠剤に助けられたと思っています。ヨーグルトを食べていた時期もありますが、ヨーグルトとはレベルが違います。

 

HKL-137の死菌の方がが免疫力を高める理由と仕組み

 

L-137の死菌を異物と認識

L-137の死菌(HK L-137)を腸が吸収すると、異物が入ったと免疫細胞が認識します。

 

大腸にもともといる善玉菌も、体にとって大腸にとっては異物なんですね。ら乳酸菌そのものが免疫を高めるのではなくて、乳酸菌などの善玉菌が増えることで、免疫細胞が活発に働くようになるためです。

 

死菌のほうが安定した効果が望める

これまでは、乳酸菌は生きている方がよいというのが普通のイメージでした。それとは全く逆のことをハウス食品が発見したのです。

 

ハウス食品はこの乳酸菌L-137を、加熱処理した加熱菌体(Heat Killed)とし、“HK L-137”と名付けました。生きていても不安定である乳酸菌よりも、死菌である加熱体菌の方が安定した一定の効果が望めることが証明されたのです。

 

もちろんこれはハウス食品の乳酸菌に限ったことではありません。他にも死菌の形で乳酸菌を利用することはあります。

 

腸まで生きて届く事を強調した乳酸菌がありますが、その通りに乳酸菌が生きて腸まで届いたとしても、腸に吸収される段階で死菌になります。

 

死菌のほうが圧倒的に数を多くできて免疫力を高めるのに有利

元々生菌とか死菌とかの区別は余り意味がないということと、、死菌の方が安定していることから、死菌の方がグラム中の菌の数を圧倒的に多くできるから優れているとさえ言ます。

 

免疫細胞を活発化させるには死菌の数量が多いほど良いのです。

 

圧倒的な菌数を摂取できて初めて免疫力アップの効果が望めるからです。その点ヨーグルトなどは、菌数は非常に限られています。

 

生きた乳酸菌よりも強くカラダをガードするラクトプランL-137

 

 

 

 

 

 

乳酸菌は死菌の形の方が守る力が強いままで安定する

 

“乳酸菌HK L-137 ” は死んだ菌でも「守る力」が弱まることなく、生きた乳酸菌よりも強く、長く、安定的に力を発揮します。

 

生命の「生きようとする力」を利用し、過酷な環境である熱を加えることで、守る力が大幅にアップします。

 

実際に、乳酸菌は死菌が使われることも多く、アジアの伝統的な発酵保存食“なれずし”から発見されたこのラクトプランL-137。

 

乳酸菌L-137の守る力が最も高くなったところで加熱処理をすることで、免疫力の高い状態で能力が固定され、生菌よりもはるかに向上しています。

 

生きた乳酸菌は消化液で壊れたり、守る力がどんどん低下していきます。

 

ラクトプランL-137は加熱処理することで逆に抵抗力が高まり、守る力を高くキープしたまま、腸までしっかりと届きます。

 

>>ラクトプランL-137の詳細はこちらから

 

 

「ラクトプランL-137」について  

 

 

■原材料名

 

マルチトール、コーンスターチ、乳酸菌加熱菌体末、ビタミンC、ナイアシン、 ショ糖エステル、ビタミンB2、シェラック、ビタミンB1、ビタミンB6、

 

(原材料 の一部に乳成分を含む)乳成分が含まれるのでアレルギーの非常に強い方にはアレルゲンとして作用する可能性も0ではありませんので主治医の先生とご相談ください。
■摂取の仕方

 

1日3粒を目安に、かまずに水などといっしょに摂取します。
1日の目安量を守ってください。
■3粒分(1g)の主成分
乳酸菌加熱菌体(HK L-137) 10mg

 

■3粒分(1g)の栄養成分
エネルギー 4kcal/たん白質 0.04?0.13g/脂質 0.01?0.02g/炭水化物 0.87g/ナ トリウム 0?0.2mg/ビタミンB1 6mg/ビタミンB2 9mg/ビタミンB6 5mg/ビタミンC 500mg/ナイアシン 40mg

 

注意

 

1.乳幼児の手の届かない所に置いてください。
2.乳幼児及び小児は摂取はやめてください。。
3.原材料をご参照のうえ、食品アレルギーが心配な方は、摂取しないか主治医に相談してください。
 また、体質や体調により、まれにからだに合わない場合があります。
 その際は摂取を中止してください。
4.薬を服用あるいは通院中の方、妊娠中及び授乳中の方は医師とご相談ください。
5.開封後はファスナーをしっかり閉め、直射日光を避けて、涼しいところに保管してください。

 

HK L-137はなれずしを発酵させる乳酸菌から作られました。

 

乳酸菌L-137が発酵させたなれずし

 

乳酸菌HK L-137は発酵食品である「なれずし」から発見された、乳酸菌L-137から作られた免疫サプリです。

 

伝統的な発酵保存食"なれずし"の中から発見された「ラクトバチルス・プランタラムL-137」という乳酸菌です。これをハウス食品が加熱処理したものがHK L-137です。

 

日本で食べるお寿司は酢飯を使っていて、国民食と言えるほど親しまれています。その原点を辿ると、魚とご飯を乳酸菌で発酵させた「なれずし」で、滋賀県の鮒寿司が良く知られています。

 

乳酸菌HK L-137はかなり免疫賦活力が高い

 

この乳酸菌L-137を研究する過程で、他の乳酸菌には無い特徴が見つかったのです。それはもともと免疫賦活の力がかなり強い上に、加熱処理するとその免疫力はさらに高くなるという発見でした。

 

L-137を加熱処理することで安定した高い免疫賦活力を得る事ができた

 

当然ですが、加熱処理して死菌となった乳酸菌は腸の中で増えることはありません。ですが、加熱処理することで、L-137の免疫賦活力を最大に高いままで維持できたのです。だから、HK L-137は最高に免疫賦活力が高まった時(菌が最大に増殖した時)に加熱処理をしてあります。

 

このような加熱処理によって、HK L-137を摂取するときまで、免疫力が高いままで維持されているのです。

 

加熱処理をすると、免疫賦活能力が高まる事も確認がされており、加熱処理はより高い免疫力を安定的に維持する処理だとわかります。

 

大腸の中には免疫細胞の65%がいると言われていますから、それらすべてを活性化させると非常に免疫力が高まります。それだからこそ、加熱したHK L-137はその高く安定した免疫力を維持した状態で、免疫細胞を刺激してくれるのです。

 

HK L-137は他の乳酸菌に比べて免疫力を高める力が強い

HK-L137は免疫賦活力が高い

出典:乳酸菌 HK-L137研究所
乳酸菌やビフィズス菌には免疫力を高める機能があることは知られていますが、種類によってその機能の強さが違います。

 

図はマウスの免疫細胞の色々な乳酸菌を作用させて、その免疫力を測定した結果を示しています。一番下のHK L-137のずば抜けた免疫力を高めるパワーの高さが分かるとおもいます。

 

 

この免疫力を高める力の強さは、乳酸菌L-137の乳酸菌の外に伸びるLTA(リポティコ酸)という細胞壁にある成分が多いことにあります。このLTA(リポティコ酸)の多さが強い免疫活性化能力になっていたのです。

 

 

HK L-137の安全性に問題なし

 

乳酸菌L-137の属するラクトバチルス・プランタラム(Lactobacillus plantarum)の安全性には全く問題はありません。というのも、昔からぬか漬けやキムチ、ピクルス、ヨーグルトなどの健康食品でもある皆が慣れ親しんでいる発酵食品を作ってきた乳酸菌だからです。

 

乳酸菌は人の口から消化器官まで広く存在してる有用菌なのです。標準遺伝毒性試験という難しそうな試験をした結果でも、HK L-137には遺伝毒性はないことが明らかにされています。突然変異や染色体異常実験でも安全性が確かめられています。

 

以上の実験はマウスでの試験ですが、人によっても確認されています。
健常者30名に10rのHK L-137を含むカプセルを30名に1日1個12週間摂取してもらいました。これと比較対照するためにHK L-137を含まないカプセルも別の30名に摂取してもらいました。

 

 

その結果問題は全く見られず、長期間摂取しても問題が無いことが明らかになっています。HK L-137は安全な素材だと明確に証明されて乳酸菌サプリとして製造販売されるようになったのです。

 

関連ページ

カイテキオリゴ
カイテキオリゴという免疫力アップのサプリメントを紹介します。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。
善玉菌のチカラ
免疫力アップのサプリメント、善玉菌のチカラを紹介します。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。風邪やインフルエンザの予防効果やその他の健康効果が証明されている免疫力アップのサプリを紹介します。
がん予防として免疫力アップのサプリも活用できます
がん予防には免疫力アップのサプリも活用できます。サプリメントが中心ではありませんが、補助的に使えば効用が期待できるものもあります。
免疫力アップサプリのDHC
免疫力アップサプリのDHC について。DHCはドロドロの血液をサラサラにする効果が期待できるとされていますしサプリメーカーの名称でもあります。・ここでは免疫力アップのサプリとしてのDHCについて伝えます。