ラクトプランL-137

スポンサードリンク

ラクトプランL-137について

ラクトプラン“L-137"はハウス食品の研究によって発見された乳酸菌です。

 

ラクトプランL-137は便通を良くする乳酸菌ではなく、何より「守る力を高める」機能を持った乳酸菌として注目を集めています。

 

 

L-137の何が一般の乳酸菌と違う大きな特徴を紹介します。

 

L-137は、乳酸菌が死菌になっても、「守る力」が弱まることなく、むしろ、生きた乳酸菌よりも強く、長く安定的に力を発揮する抵抗力の高い乳酸菌です。 

 

ラクトプランL-137

 

乳酸菌の死菌を摂取すると守る力が高まる仕組みについて

 

 

ラクトプランL-137    

*黄色な錠剤の中にぎっしりHKL-137が詰まっているので、噛まずに飲みます。尿が黄色くなるのはビタミンBが入っているからです。最初は、朝トイレでギョッとするかも知れませんが心配はいりません。

 

HKL-137の死菌の方がが守る力を高める理由と仕組み

 

L-137の死菌を異物と認識

L-137の死菌(HK L-137)を腸が吸収すると、異物が入ったと免疫細胞が認識します。

 

大腸にもともといる善玉菌は、体にとっては異物と認識します。

 

理屈はこうです。乳酸菌そのものが守る力を発揮するのではなくて、乳酸菌などの善玉菌が増えることで、身体を守る免疫細胞が活発に働くようになるのです。

 

死菌のほうが安定した効果が望める

これまでは、乳酸菌は生きている方がよいというのが普通のイメージでした。

 

それと全く逆の事実を発見したのがハウス食品です。

 

ハウス食品はこの乳酸菌L-137を、加熱処理した加熱菌体(Heat Killed)とし、“HK L-137”と名付けました。

 

生きていても不安定である乳酸菌よりも、死菌である加熱体菌の方が安定した一定の守る力が望めることがわかったのです。

 

もちろんこれはハウス食品の乳酸菌だけに限ったことではなく、他にも死菌の形で乳酸菌を利用していることは少なくありません。

 

実際に腸まで生きて届く事を強調した乳酸菌は、その通りに乳酸菌が生きて腸まで届いたとしても、腸に吸収される段階で死菌になるという事実があります。

 

死菌のほうが圧倒的に数を多くできて守る力を高めるのに有利

こういった事実から、元々生菌とか死菌とかの区別は余り意味がないことと、、死菌の方が安定しているので、死菌の方がグラム中の菌の数を圧倒的に多くできる優れている面があります。

 

免疫細胞による守る力を活発化させるには死菌の数量が多いほど良いのです。

 

そのように、圧倒的な菌数を摂取できて初めて守る力のアップが望めるのです。その点ヨーグルトなどは、菌数は非常に限られています。

 

生きた乳酸菌よりも強くカラダをガードするラクトプランL-137

 

 

 

 

 

 

乳酸菌は死菌の形の方が守る力が強いままで安定する

 

“乳酸菌HK L-137 ” は死んだ菌でも「守る力」が弱まることなく、生きた乳酸菌よりも強く、自分や家族の健康を守る力を発揮します。

 

生命の「生きようとする力」を利用し、過酷な環境である熱を加えることで、守る力が大幅にアップします。

 

 

乳酸菌は死菌が使われることも多く、アジアの伝統的な発酵保存食“なれずし”から発見されたこのL-137。

 

乳酸菌L-137の守る力が最も高くなったところで加熱処理をすることにより、守る力が高い状態のまま能力が固定され、生菌よりもはるかに向上しています。

 

生きた乳酸菌は消化液で壊れたり、守る力がどんどん低下していきます。

 

HK L-137は加熱処理することで逆に抵抗力が高まり、守る力を高くキープしたまま、腸までしっかりと届く乳酸菌なのです。

 

ラクトプランL-137は50%オフの1,544円で手に入り、解約は自由にできます。

 

▼ラクトプランL-137の詳細はこちら▼

 

 

「ラクトプランL-137」について  

 

 

■原材料名

 

マルチトール、コーンスターチ、乳酸菌加熱菌体末、ビタミンC、ナイアシン、 ショ糖エステル、ビタミンB2、シェラック、ビタミンB1、ビタミンB6、

 

(原材料 の一部に乳成分を含む)乳成分が含まれるのでアレルギーの非常に強い方にはアレルゲンとして作用する可能性も0ではありませんので主治医の先生とご相談ください。
■摂取の仕方

 

1日3粒を目安に、かまずに水などといっしょに摂取します。
1日の目安量を守ってください。
■3粒分(1g)の主成分
乳酸菌加熱菌体(HK L-137) 10mg

 

■3粒分(1g)の栄養成分
エネルギー 4kcal/たん白質 0.04?0.13g/脂質 0.01?0.02g/炭水化物 0.87g/ナ トリウム 0?0.2mg/ビタミンB1 6mg/ビタミンB2 9mg/ビタミンB6 5mg/ビタミンC 500mg/ナイアシン 40mg

 

注意

 

1.乳幼児の手の届かない所に置いてください。
2.乳幼児及び小児は摂取はやめてください。。
3.原材料をご参照のうえ、食品アレルギーが心配な方は、摂取しないか主治医に相談してください。
 また、体質や体調により、まれにからだに合わない場合があります。
 その際は摂取を中止してください。
4.薬を服用あるいは通院中の方、妊娠中及び授乳中の方は医師とご相談ください。
5.開封後はファスナーをしっかり閉め、直射日光を避けて、涼しいところに保管してください。

 

スポンサードリンク

関連ページ

カイテキオリゴ
カイテキオリゴという免疫力アップのサプリメントを紹介します。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。
善玉菌のチカラ
免疫力アップのサプリメント、善玉菌のチカラを紹介します。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。風邪やインフルエンザの予防効果やその他の健康効果が証明されている免疫力アップのサプリを紹介します。
がん予防は免疫力アップに役立つものを活用しましょう
がん予防には免疫力アップに効果的なものを活用できます。サプリメントは医薬品ではないので、過度な期待はできません。しかし、補助的に使えば効用が期待できるものです。
免疫力とDHC
免疫力のDHC について。DHCはドロドロの血液をサラサラにする効果が期待できるとされていますしサプリメーカーの名称でもあります。・ここでは免疫力アップのサプリとしてのDHCについて伝えます。