免疫力アップできる入浴法

免疫力アップの入浴方法

 

今回は入浴方法によって免疫力をアップできるという話。この方法は毎日できる方法です。

 

烏の行水とまでいかなくても5分程度で湯船から出ている人は、20〜30分入る事ができれば、相当に良い効果が望めます。体温を上げることで免疫細胞を活性化するからです。

 

普段何気なく入浴しているのではもったいないですよ。入浴だったら、体温を上げて癌にもかからず癌をも消し去ると言われている37℃に近い体温になれます。

 

入浴を免疫力アップの方法として生かせば、お金を使わずに効果的に免疫力アップできますよ。是非試してみてください。


 

さて日頃よくやっている次の事は、正しいでしょうか、間違っているでしょうか。

 

  • 「風邪気味のときは、入浴はしないようにする」
  •  

  • 「寒い季節では、外出から帰ったら熱めのお風呂で早く体を温める」

 

2つとも間違っています。さてどこが間違っているかわかったら、免疫力アップマスターになれますね。
間違いについて解説していきます。

 

病気の予防には体温を上げることが大事です

免疫力アップjには41℃のお風呂で体を温める

体温が38℃を超えるような高熱の場合にはお風呂に入ると体力を消耗してこじらせることがあるので入浴は控えましょう。

 

しかし、微熱(平熱より1℃高い体温。平熱の正常値は36.5℃だから大抵37.5℃くらい)程度の風邪気味だったら、むしろお風呂に入って体を温めた方が風邪対策になるんです。

 

体温37℃台が一番免疫力が働きます

 

体温が37℃台の時に人間の免疫力は最も強く働きます。

 

この熱はリンパ球が一所懸命風邪ウイルスと闘ってくれている熱ですから決して解熱剤を使って熱を下げてはいけません。

 

入浴で高い体温を維持することで、風邪ウイルスを早く退治できます。

 

多くの病気は低体温による免疫力低下が原因になっていることは前に書きました。体温が1℃下がれば免疫力は30%以上低下すると覚えて下さい。

 

だから体は冷やしては駄目なんです。温かくすれば病気が寄り付かない。癌細胞は熱に弱くて低体温を好むことがわかっています。

 

50年前と比較して体温が1℃低下していると言われます。1℃体温が下がると免疫力は30%以上低下します。

 

現代人は平均的には体温低下で免疫力が低下しているといえます。

 

41℃の温めのお湯で30分が理想です。体温が低い人は汗をかく機能も低下しているので、いわゆる良い汗をかきにくい状態。

 

ベタベタの汗で悩んでいる人は、体温が上昇するのに時間を要します。だから30分の入浴で体温調整を正常に戻すのです。

 

 

理想的なお湯の温度は41℃くらいです。寒い季節は冷えた体を温めようとして熱いお風呂に入りがちですが、止めてくださいね。

 

41℃程度のお湯にゆったり入って芯から体を温めることが免疫力アップに効果があります。

 

 

温め(ぬるめ)のお湯にできれば30分ほどゆっくりと浸かることが理想です。ただし脱水症には注意しましょう。

 

42℃以上だと健康にマイナス

 

42℃以上の熱いお風呂の方が早く体を温められて良いという事も間違っています。

 

熱いお湯に入ると交感神経が興奮して血管が収縮してしまい、血液循環が悪くなります。

 

血圧は上がるし、心臓にも負担となります。アドレナリンが分泌されて、入浴後の就寝にも支障をきたしてしまいます。

 

風邪のときにはお風呂で体を温めた方が免疫力があがります。

 

体を温めると免疫力を上げる事が出来ます。「血行改善」と「発汗」の作用が起こります。

 

温かいお湯に浸かると、筋肉の緊張はほぐれるので血管が拡張します。血液が通る管が広くなると血流量は増えますね。

 

また発汗作用があると体温が上がりウイルスの活動性は低下して、風邪の症状の鼻づまりなどは軽くなり、皮膚も清潔になるし、体温が1℃上がると免疫力は5倍になるんです。

 

これだけ免疫力アップに効果があるので、利用しないのは勿体ないと言えませんか?

 

シャワーだけだと癌になる可能性があります

 

生活が欧米化して時間も節約したい人が増えているので、お風呂の入り方も非常に合理的になっているようですね。

 

そういった背景もあり、シャワーを好む人が増えています。お風呂に使う水はたいては水道水ですね。当然塩素が入っています。

 

夜間電力を使ってお湯を貯めるタイプのお湯なら、貯めている間に塩素が抜けるので大丈夫です。それ以外の場合、塩素はお湯を沸かしたぐらいでは無くなりません。

 

この塩素が皮膚から吸収されると過剰な活性酸素が生じるのが問題なんですね。

 

電気ボイラーで貯めているお湯でも、シャワーとして水道水を混ぜて使う場合にはどうしても塩素をかぶってしまいます。

 

こんな時に我が家では塩素を除去してくれるシャワーヘッドを使ってます。

 

まあここまでし無い人もいるでしょうが、我が家には私を含めてアレルギー持ちがいるので必需品となっています。

 

 

カラスの行水の人が長く入るコツ

 

でもシャワーと入浴(湯船に浸かる)とでは、入浴の方が確実に体温が上がりますね。入浴の方がリンパ球と顆粒球のバランスもちょうど良いことがわかっています。

 

それなのに低体温の人がシャワーだけを使って40歳台になると、癌のリスクが高まります。癌は低体温を高めるからです。

 

入浴していたとしても、カラスの行水のようにすぐに湯船からあがる人も危険です。

 

カラスの行水をやっている人はお湯の温度があっていないからです。自分にとって快適なお湯の温度を探して、リラックスしてお湯に入るようにしましょう。リラックスしてお湯に入っているときには副交感神経が優位に働いて免疫力を高めてくれます。

 

病気やお年寄りの入浴温度

 

半身浴や39℃台のお風呂に入りましょう。

 

冷水と温水を交互に繰り返す入浴法や低温サウナ、岩盤浴がおすすめです。

 

またお湯に入るときには足元から少しずつかけ湯で体を慣らしてから入りましょう。

 

半身浴の温度

39℃くらいのお湯にみぞおちから下をつけます。浴槽に湯桶や湯椅子をいれて座る方法があります。

 

汗を出すまで根気よく入りましょう。汗は最初サラサラした汗がでて、次にねっとりした汗がでます。

 

このねっとりした汗に体に蓄積していた重金属やヒ素、水銀、ダイオキシンなどの化学物質や有害物質が出てきます。

 

なので2番目のねっとりした汗が出るまで頑張って入りましょう。

 

 

体を温めるとNK細胞が活性化したり、痛みを緩和させるヒートショックプロテインというたんぱく質が体の中に作られて、免疫力が高まることがわかっています。

 

冷え症の入浴

 

冷え症の人の体温は上昇しにくいので、汗が出るまでに時間がかかるので、少し頑張って長くはってみましょう。

 

そこまでして入らないといけないの?と言う人は低体温の深刻さが分かっていないんですね。癌は低体温、低酸素状態で繁殖するんです。少しは深刻に考えてみませんか。

 

お風呂の中で音楽を聴いたり、本を読んだり、テレビを見たりして過ごせば案外楽しいものです。そんなことできないと言う人は仕方ありませんが、できない理由を探さずにできる工夫のできる人は是非やってみてください。

 

癒し効果のある蛍光色や良い香りのする入浴剤を使ったりして40分程入っていれば理想的です。

 

最後になりますが、水道水の塩素の害については看過できませんので、記事にしました。参考にしてください。

 

スイミングは免疫力を上げる有酸素運動だと思ってませんか

 

関連ページ

免疫力をアップする生活習慣とは
免疫力をアップする生活習慣について、このサイトのまとめ的な記事にします。生活習慣は毎日繰り返すから良くも悪くも影響が大きいです。この際自分の生活が免疫力アップする生活にしてみませんか。
口呼吸を改善して免疫力を高める方法
口呼吸を改善しないと免疫力が低下するばかりです。口呼吸から鼻呼吸への改善によって免疫力が高まる理由とその方法について紹介します。
免疫力を高めるサプりとは
免疫力を高めるサプりとはどんな成分を含んでいるのか、、どのように免疫力を高めるのかについて、サプリそれぞれの特徴を理解することも大事です。
免疫力アップのための半日断食の実践報告
免疫力アップのための半日断食を実践しています。朝食を食べないというだけですが、それでは力が出ないでしょうとと言われます。でもそれは誤解です。実際には非常に体調が良くなるんです。
朝食を抜くと免疫力は下がるの?
朝食を抜いてはいけないと良く言いますが、本当でしょうか。抜くと免疫力が下がるでしょうか。食事と免疫力アップの関係について紹介します。
免疫力を高めるリンパ球は12時までに寝る事で増える
免疫力アップにはその日のうちに寝るという事が大事です。体を成長・修復する物質が分泌されるのは睡眠時ですから遅くまで起きていては免疫力が低下します。
免疫力アップをする漢方
免疫力アップの方法にはいろいろありますが、免疫力アップをする漢方についてを紹介します。40代になると体調不良に悩む女性に効果のある漢方の紹介です。
免疫力を上げ三井式温熱治療〜癌など生活習慣病〜
免疫力を上げ三井式温熱治療〜癌など生活習慣病〜。免疫力アップの方法を紹介します。温熱が持つ免疫力アップの効果を利用できる三井式温熱治療がもっと知られれば恩恵を受ける人が増えるでしょう。
免疫力アップできるラジウム温泉で寛ぐ
免疫力アップのラジウム温泉に行ってきましたよ。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなり健康で幸せな人生が送れます。温泉を利用するならラジウム温泉がおすすめです。
免疫力アップの睡眠を自分で作る
免疫力アップの睡眠方法は簡単です。幾つかのポイントを上手に活用した睡眠を行いましょう。
免疫力をアップする日記
免疫力をアップする日記のつけ方。日記はストレスを解消する効果があります。そういう視点で日記を利用してみませんか。
免疫力アップの抗酸化サプリメント
免疫力アップの抗酸化サプリメントを利用して免疫力アップすれば病気にかかりにくくなり健康で幸せな人生が送れる可能性があります。
抗酸化作用のある食品が免疫力の低下を予防します
活性酸素は腸管の善玉菌を減らす働きがあることわかっています。活性酸素を免疫力で抑えるというより、活性酸素の過剰発生を防いで免疫力を低下させないことになります。
免疫力アップする運動
免疫力アップの運動の方法です。免疫力アップできる運動は有酸素運動を選びましょう。無酸素運動は免疫力を低下させるので要注意です。
免疫力アップには歩行だけでは足りません
免疫力アップのための歩行のコツについての情報です。
免疫力を低下させる冷暖房
冷暖房は使い方で免疫力を低下させます。特に冷え過ぎは低体温となり病気の原因を作り出すことになります。ここでは冷暖房の利用の仕方について書いています。
栄養をつけると風邪が早く治るというのは真っ赤な嘘
栄養をつけると風邪が早く治るというのは嘘です。逆に免疫力を低下させ風邪を治りにくくする行為なのです。従来の常識には沢山の嘘があるので、自分で情報を集めて判断する必要があります。にかかりにくくなり健康で幸せな人生が送れます。
日光浴は免疫力を低下させる
日光浴は健康的だと思われていますが、そうではありません。紫外線の害などを考慮に入れないと大きく健康を損なうことになります。
免疫力のアップには酸素をたっぷり含んだ血流を良くする
免疫力のアップには酸素をたっぷり含んだ血流を良くすることが重要です。普段の生活で低酸素状態になる時はストレスを強く感じる時です。
免疫力アップするためには解熱しないこと
免疫力アップするためには解熱しないことです。免疫細胞は体温を上げることで免疫力を上げているのです。
高血圧でも低体温の人が免疫力をアップする方法
高血圧・低体温の人は心臓に血液が環流しにくい状態です。そういった方の免疫力アップの方法をお伝えします。
免疫力アップとアレルギー予防
アレルギーは免疫力が高すぎて起こるという考え方がありますが、実際には免疫抑制の結果起こるのが亜アレルギーです。アレルギー予防についてのお話です。
花粉症は花粉で制するとは?
花粉症を治すのに花粉を使う療法があるのをご存知でしょうか。減感作療法というもので、花粉エキスを注射して花粉症を治すというもの。
免疫力アップの力を持つ音楽
免疫力アップの力を持つ音楽の力についての情報です。性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。免疫力をアップするための音楽について紹介します。
免疫力アップのツボ
免疫力アップの方法としてツボについての紹介です。女性も40代になると体調不良を癒す方法を色々と試したくなりますね。その一つとして秘かなブームのツボについて紹介します。