免疫力アップに必須の抗酸化サプリメント

守る力のアップに効果的な抗酸化サプリメント


活性酸素といえば健康を損なったり細胞を壊すもの、美容やスキンケアにとってやっかいなものというイメージがあります。アンチエイジングの大敵というイメージがありますよね。

 

ところが、本来の活性酸素は体のあちこちで発生し、色々な病原菌を殺菌して、私たちの体を守っている健康にとって必要なものでもあります。

 

活性酸素は本来は体にとって必要なものです。ところが、活性酸素が過剰に発生してしまうと、今度は自分自身の体を「錆びさせる」「細胞を破壊する」といった大きな問題に繋がってしまいます。

 

活性酸素は相手の物質から電子を奪って酸化するフリー ラジカルの代表です。呼吸は細胞内のミトコンドリアで酸素からエネルギーを作る過程で必ずスーパーオキシド・ラジカルという活性酸素は生じるものなのです。

 

活性酸素を過剰に生み出さない生活。それに多少なりとも抗酸化サプリメントが守る力を発揮してくれます。

 

そして過剰な活性酸素が発生する大きな原因が、不規則な生活、アルコールの飲み過ぎ、偏った食品添加物の多い食生活、過剰なストレス等生活そのものです。だから改善の余地はあるのです。

 

活性酸素を過剰に生み出す生活

 

一日の生活の中で活性酸素を過剰に発生させる場面は実にたくさんあります。不健康な生活というものを思い浮かべてもらえれば、おおよそ見当がつくだろうと思います。
40代を過ぎる頃から顔のシワが増えてくるのもこの活性酸素が犯人だとわかったので、何とかしないとという気になりますね。

 

タバコ、強いストレス、睡眠不足、パソコン、紫外線、スマホや電子レンジからの電磁波、大気汚染、汚染された水。

 

これを見る限り、毎日相当の活性酸素を発生させて生活しているのが、現代人だとわかります。ある程度の過剰な活性酸素はどうしても避けられないのですが、タバコをやめる、良質の睡眠をとれるようにするなどの努力は必要となります。

 

それでも過剰な活性酸素は発生するので、サプリメントの利用や食生活の工夫で対応するのも良いでしょう。次が代表的なサプリメントです。

抗酸化サプリメント

孫の日がランドセル商戦のクライマックス

プロポリスプロの特徴

木質樽で10年間、長期熟成されたプロポリス原液は、ケルセチン、ケンフェロール(フラボノイド類)やアルテピリンCなどの有用成分を多く含みます。 じっくりと熟成された「プロポリスプロ」は、粒子が1/20にも微細化され、エキス含有量が3年熟成にくらべなんと159%もアップします。

価格 9,334円
評価 評価5
備考 ブラジル産です
プロポリスプロの総評

「プロポリスプロ」は原液を2倍に濃縮し、α-リノレン酸、ビタミンEなどの成分を配合。においが気にならない、飲みやすいソフトカプセルに閉じ込めてあります。 1カプセルには10年熟成プロポリスが原液換算で250mg相当含まれ、1日4粒目安で1,000mg相当を摂取できます。

紅珠漢(こうじゅかん)

紅珠漢(こうじゅかん)5日間モニターセット(速効性が評価)の特徴

速効性があるとの評価が高く女性のリピーターが多いのが特徴です。

手足の冷え、疲れの改善に速効性があると評判の、吸収率を高めたポリフェノールサプリの5日間モニター100円です。

朝からシャキッと気持ちよく目覚め、夕方のグッタリすることからも解放されたい方に向いています。

年齢よりも若くみえるようになったというひとも。

良いこと書きすぎのように思えるでしょうが、これは試した方の本当の感想です。

価格 100円
評価 評価5
備考 5日間モニター100円。送料だけの負担です。手足の冷えに悩む人に。
紅珠漢(こうじゅかん)5日間モニターセット(速効性が評価)の総評

ライチ由来の高分子ポリフェノールが使用されています。体に吸収されるように低分子化してあるので、吸収率が高いのが特徴。

抗酸化サプリメントについて

 

食生活で抗酸化の働きのある食物を食べる事がポイントですが、上手に抗酸化サプリメントを利用するのが更に賢いやり方です。

 

国立がんセンターの医師が、プロポリスについてこんな風に語っていました・・・

 

「プロポリスの最大の特徴は、免疫力調整作用があることです。風邪をひく、癌になるなどの病気のほとんどは、からだの抵抗力、つまり免疫力が低下しているためにおこることなのです。

 

そこで強力な防衛部隊として援護してくれるのがプロポリスなのです。プロポリスを飲んでいるとかぜをひかなくなると いうのがよい例で、かぜの菌をやっつけるだけの抵抗力が自然に備わって(免疫力がついて)、丈夫なからだをつくるからです。

 

プロポリスに含まれる主要な成分のひとつにフラボノイドがあります。植物は、紫外線や酸化から自らを守るためにフラボノイドを生成しています。

 

なので、そうやって生成されたフラボノイドには強い抗酸化作用があるのです。ミツバチがせっせと集めた抗酸化物質のフラボノイドがプロポリスに含まれています。

 

 

過剰な活性酸素を生み出す運動や日常生活

 

運動しすぎは活性酸素が過剰に発生

 

免疫力アップに運動は有効であると考えられてるようですが、そんなに単純なものではないんです。

 

過剰な活性酸素を生み出す運動とは

 

40代になると体力が落ちてくるので、頑張って運動したあとの清々しさに「運動っていい」と改めて再認識するかもしれません。次の日からジョギングとか縄跳びとか。

 

でも待ってください。運動も少し激しくなると「活性酸素」が大量に発生して細胞にダメージを与えます。「体が錆びる」という状態は「老化」するということです。

 

少し激しい運動をすると、体のあちこちに組織の細胞が活性酸素によって老化させられます。

 

しかし元々活性酸素は殺菌作用という体を守るという重要な役割を担っているので必要なものです。

 

活性酸素が過剰になるから悪い影響を与えるのです。活性酸素が過剰にならない生活をこころがけないと、抗酸化サプリメントを摂取してもあまり意味がありません。

 

 

活性酸素から身体を守る

 

切ったリンゴが赤茶けてくるように、体の細胞が錆びてくるのが「老化現象」。しかも加齢とともに抗酸化力は弱ってきます。

 

体内で作られる抗酸化酵素(活性酸素から体を守るための酵素)は40歳前後から低下することがわかっているので、体外から抗酸化成分を補って抗酸化力を高めておくことが重要です。

 

肌の老化の原因は4種類あって活性酸素がその中の一つです。肌の弾力を維持してくれるコラーゲンを変性するので、しわ、たるみの原因となるのです。

 

活性酸素を特に過剰に発生させる日常生活

 

タバコ、強いストレスや睡眠不足、紫外線やパソコン・スマホ・電子レンジから出る電磁波、大気の汚染、水の汚染。

 

これを見ると私たちは活性酸素を避けることはできません。呼吸で吸う酸素は1日約550〜600Lです。このうち2%が活性酸素に変わります。

 

活性酸素は免疫力低下を引き起こす

 

活性酸素は、生活習慣病や慢性疾患の90%を誘発する原因であることが、D・ハーマン博士によって発表されました。

 

血液をどろどろにし、また腸内細菌の善玉菌の増殖を抑え悪玉菌を増やす働きが強いので、その結果腸の免疫力を低下させることもわかってきたのです。

活性酸素と老化

 

老化は活性酸素の影響が大きい

 

人体の老化に影響する活性酸素。活性酸素の働きを抑え込んで、サビない身体になる。

 

同じ年齢でも若々しい人、老けて見える人が居るのはなぜでしょう。
その疑問に答えるキーワードは活性酸素です。
老化をコントロールするカギは、いかに活性酸素の働きを抑え込むかなのです。

 

 

活性酸素が老化を進める

 

老化とは、体の中の細胞が酸化してサビていくことです。私達は呼吸によって酸素を取り入れますが、そのうちの約2%は強い酸化力を持つ活性酸素に変化します。

 

活性酸素の役割はウイルスや細菌を攻撃し、体を守る事です。しかし、増えすぎた活性酸素は、正常な細胞膜の脂質を酸化させてしまいます。

 

細胞での栄養分のとり入れが衰える
老廃物を排出するはたらきが衰える
細胞や遺伝子にダメージを与える

 

細胞が酸化すると、老化が進みます。活性酸素が真皮のコラーゲンにダメージを与え硬化させてしまうと、肌は弾力がなくなり、シワ、たるみ等の老化症状があらわれます。

 

紫外線による老化

また、紫外線の影響によっても、大量の活性酸素が発生します。酸化から肌を守るために産生されるメラニンですが、メラニンが大量になりすぎると、ターンオーバーが追いつかず、残ったメラニンはシミとなって残ります。活性酸素は老化の元凶です。

 

 

老化に対抗するには、体外から抗酸化成分を補い抗酸化力を高めるのも大きな効果があります。

 

毎日の食生活で、抗酸化力をつける

 

体内の抗酸化力を高める抗酸化成分には、

 

抗酸化ビタミン :ビタミンC、ビタミンE
抗酸化ビタミンは活性酸素やフリーラジカルを取り除いてくれたり、守ってくれます。

 

カロテノイド :βカロテン、トマトのリコピン
カロテノイド類は、体内での抗酸化作用が極めて高いことが知られています。

 

ポリフェノール :植物に含まれる色素や苦味成分、お茶のカテキン、ごまのゴマリグナンには抗菌・抗酸化作用効果があります。

 

これらの抗酸化成分には、別々の役割と働きがありますので偏らずに食べることが大切なポイントになります。

 

しっかりとした抗酸化力で体を守る

 

抗酸化力を支える抗酸化成分には、2種類の力があります。この両方を備えておくことが理想的です。

 

長期的に持続させる力 :体内で作られる抗酸化酵素をサポートする
短期で発揮する力  :活性酸素にダイレクトに働き除去する

 

この両方に働きかけることが出来るのが、ごまに含まれるゴマリグナンです。

 

科学的に実証されているゴマリグナンの働きは、

 

ゴマに含まれるゴマリグナンが活性酸素による酸化を抑制する

 

血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑制する
動脈硬化を予防する
活性酸素が多く発生する肝臓機能を増強する作用がある

 

持続的に補給してあげることが、老化予防の秘訣になります。ゴマリグナンは、単独の作用だけでなく、他の健康成分と一緒に摂ることで相乗効果を発揮します。

 

ゴマリグナンの重要な構成成分であるセサミンと、ビタミンEを同時に摂ると、ビタミンEの効果が倍増します。体をサビつかせない食生活が大事です。

 

抗酸化作用の高い食べ物

バナナ
バナナ

バナナはありふれた果物ですが、最も抗酸化作用が高い食品です。アミノ酸、各種ビタミンの宝庫であり、食物繊維もたっぷりと含まれている食品。またカリウムも多いので血圧を下げる効果もあります。

かぼちゃ&ニンジン
かぼちゃとニンジン

緑黄色野菜といえば、カボチャ、ニンジン、ピーマンのそれぞれの色には「カロチン」という成分が含まれていて、抗酸化作用が非常に高いのです。色鮮やかと言えば、トマトのリコピンやナスのアントシアニンも抗酸化作用の大きな野菜です。

キャベツ
キャベツ

非常に抗酸化作用が強い。野菜類の中では突出して抗酸化作用が大きいのがキャベツです。ホウレンソウやブロッコリーも老化防止のパワーを持っています。

ニンニク&ショウガ
ニンニクとショウガ

 

ネギやセロリなどの香味野菜も抗酸化作用が大きいのです。におい成分のアリシンが体内の活性酸素と結びついて体の細胞の酸化を防いでくれています。

活性酸素の役割とアンチエイジング

 

運動はアンチエイジングに役に立つ

 

食事と運動で身体の中からサビの元を追い出す

 

活性酸素ってよく耳にしますが、実際どのようなものなのでしょう。活性というからには、身体を活性化する良い物だと思っていませんか。実は、活性酸素は身体をサビさせる原因の一つで、アンチエイジングの敵なのです

 

アンチエイジング用の高級化粧品を買った人もいらっしゃるでしょうが、身体の中にサビの元があったら、外部からいくらケアしてもなんにもなりません。アンチエイジング効果を高めるには、身体の中からサビの元を追い出す事です。

 

 

活性酸素の役割とアンチエイジング

 

活性酸素は、老化を進めたり、色々な病気の原因になると言われていますが、反面、体内に侵入した細菌やウイルスを殺す役割があり、もともとは体にとって必要なものです。

 

しかし体の中では、その役割に必要な量よりも、更に多くの活性酸素が作られています。余った活性酸素は、体の正常な細胞も攻撃し、病気や老化等、体に悪影響を与えています。活性酸素は、2つに分類されます。

 

ウィルスなどと戦う善玉活性酸素
身体に害を及ぼす悪玉活性酸素

 

この悪玉活性酸素が過剰になり、体の中の細胞がどんどん壊れる状態が酸化ですが、酸化を止めるのが抗酸化というもので、アンチエイジング効果として注目を集め、抗酸化サプリメントが免疫力を高めるサプリとして活用もされています。

 

 

悪玉活性酸素が与える体への影響

 

・肝臓の機能低下
・疲れやすい
・やる気がなくなった
・しみやそばかす
・血管の詰まり
・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞

 

活性酸素から身体を守る仕組み

 

私たちの身体は、体内で発生した活性酸素を消滅させ身を守る為、活性酸素除去酵素が生成されます。

 

・酵素SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)
・カタラーゼ
・グルタチオン

 

細胞の中で、酵素SODが作られる為には、タンパク質、鉄、銅、亜鉛、マンガン等のミネラルが必要です。毎日の食生活で、タンパク質と亜鉛を同時摂取することで、SODが増加し活性化できますが、この活性酸素除去酵素の生成は20歳頃がピークなので、不足分は抗酸化サプリメントとして摂取する事が有効です。

 

それ以降どんどんと生成量が減り、40代になるとピーク時の半分にまで減少します。加齢による活性酸素除去酵素の減少を補う為には、活性酸素を除去する栄養素を摂取しましょう。代表的なものとしては、ビタミンC、E、β-カロテン、ポリフェノールなどです。

 

 

活性酸素を減らすには、生活改善する事が大事

 

活性酸素を溜め込むライフスタイルになってないかチェックし、アンチエイジング効果を高めましょう。

 

活性酸素を追い出してくれる食品を食べる

・ビタミンC ・ビタミンE ・β-カロテン ・ポリフェノール等

 

タバコは吸わない

タバコの煙の中には活性酸素や有害物質が多く含まれ、動脈硬化やガンの原因になります。間接喫煙も要注意。

 

アルコールは控えめに

飲酒後、肝臓がアルコールを分解する際、活性酸素を生成します。酒量の多い人、弱い人は要注意。

 

軽めの有酸素運動をする

ウォーキングなどの軽めの有酸素運動は、抗酸化酵素の働きが活発になり、酸化が抑えられます。

 

ストレスをためない

過度のストレスは体内で活性酸素を増やしてしまいます。

 

紫外線をさける

紫外線を浴びると、活性酸素が生成され、シミやシワの原因になります。
外出時は日焼け止め、帽子、日傘、サングラス等で、紫外線対策をし、日光に長時間当たらない様にしましょう。

 

サビないスキンケアをする

 

抗酸化に着目したスキンケア製品は、肌を酸化から守ってくれます。
酸化による老化減少が気になる場合には利用しましょう。

 

アスタキサンチン
コエンザイムQ10
フラーレン

活性酸素の種類

 

免疫力を低下させたり、悪い細菌を死滅させたり善悪の両面を持つ活性酸素ですが、過剰に発生させることで有毒となります。

 

人体に様々な影響を及ぼす活性酸素にはどんな種類があって、いつ発生するのでしょうか?免疫力をアップさせる生活を送るためには、活性酸素について知っておく必要があります。

 

人体に様々な影響を及ぼす事で知られる活性酸素。老化を促し、生活習慣病を引き起こす原因になるのですが、活性酸素と呼ばれる物には種類があります。

 

・スーパーオキシド
・過酸化水素
ヒドロキシルラジカル
一重項酸素
・次亜鉛素酸イオン
・二酸化窒素
・ペルオキシナイトライト

 

この中で、ヒドロキシルラジカルと一重項酸素は、非常に毒性が高く、悪玉活性酸素と言われています。

 

 

活性酸素ってどんなものなの?

 

呼吸で体内に取り込まれた酸素が、栄養素を燃やす時に発生するのが活性酸素です。幾つもの活性酸素の内、主な活性酸素は、スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシルラジカル、一重項酸素の4つです。それぞれどんなものなのでしょう。

 

スーパーオキシド

スーパーオキシドの酸化力は低く、体内に重大な影響を与える事は少ないと考えられています。

 

過酸化水素

酸化力は高くはありませんが、スーパーオキシドよりも強く、一定濃度以上あると体に障害が及びます。
消毒薬のオキシドールは、過酸化水素の3%濃度の水溶液です。

 

ヒドロキシルラジカル

活性酸素の中で一番酸化力が強く、脂質、たんぱく質、糖などに無差別に反応し、細胞や遺伝子にダメージを与えます。ガン、老化、種々の生活習慣病に関わっています。抗酸化作用の強い食物やサプリを利用することで、その害を軽減できます。

 

一重項酸素

 

紫外線が活性酸素を過剰に発生させる

 

紫外線や放射線を肌に受けると発生する活性酸素で、けっこう強い酸化力を持ちます。
脂質を酸化させ過酸化脂質を生じさせたり、皮膚の張りを保つタンパク質を破壊します。

 

 

活性酸素は、どんな時に発生するの?

 

エネルギー代謝

私たちが呼吸をし、酸素をとり入れて生きていくだけでもわずかながらスーパーオキシドが発生します。

 

細菌やウイルスなどが体内に侵入したとき

白血球は、体を外敵から守る重要な役割をします。
体内に細菌などが侵入すると、白血球が活性酸素を作り出し、細菌と戦い殺します。

 

・ヒドロキシルラジカル
・次亜塩素酸イオン

 

ただ、白血球の作り出す活性酸素は、外敵だけでなく、正常な細胞も攻撃してしまいます。
ケガをしたときはもちろん、ニキビの炎症等を引き起こす原因になります。抗酸化作用のあるものでケアをする必要があるでしょう。

 

薬、化学物質が体内に入った場合

 

農薬が活性酸素を過剰に発生させる

 

・農薬 ・野菜や果物の残留農薬 ・食品添加物 
・煙草の煙 ・タール成分 ・化学薬品 ・排気ガス ・大気汚染物質

 

体にとって異物や、自然界になかった化学物質は活性酸素が発生する原因のなります。
また、肝臓で薬や毒物を解毒する場合、酸素からスーパーオキシドができて、ダメージを与える事があります。

 

過度のストレス、スポーツをした場合

イヤな仕事、勉強、人間関係窓のストレスも、活性酸素が増えます。ストレス性の胃潰瘍、十二指腸潰瘍も活性酸素が犯人です。
無酸素運動は筋肉が一時的に虚血状態になり、その後の血流再開時に、大量の活性酸素が発生します。

 

細胞間の情報伝達が行われるとき

内皮細胞や神経細胞では一酸化窒素が作られ、細胞間の情報伝達をしています。
一酸化窒素ができた細胞の周に、酸素やスーパーオキシドがあると、それと反応して強い活性酸素を作ります。

 

・二酸化窒素
・ペルオキシナイトライト

 

これらは、タンパク質や遺伝子を無差別に傷つけます。

 

紫外線、放射線を浴びた場合。

 

癌も活性酸素と関係がある

 

ガン組織に大量に活性酸素を発生させ、その毒性でガン細胞を退治するのが放射線療法です。その活性酸素は正常な細胞まで傷つけてしまう為、副作用を伴います。紫外線の刺激によって、生物の体内に活性酸素が発生します。

 

布団干しや衣類の虫干しの一番の効用は、太陽の強い紫外線による活性酸素の毒性で雑菌を殺す事です。それと同様、私たちの顔や手に紫外線があたると、刺激により皮膚組織に大量の一重項酸素が発生します。

 

そしてこの活性酸素が、皮膚組織にダメージを与え、肌のシミ、ソバカス、シワになるのです。ある程度は仕方ないことですが、過剰な活性酸素を発生っさせず、免疫力をアップするサプリ糊用や食生活日常生活習慣を意識的に整えるひつようがあります。

 

抗酸化サプリメントプロポリス

抗酸化サプリメントプロポリスは過剰な活性酸素を体から守るために有効なサプリメントです。

関連ページ

フコイダンは癌細胞を自滅させ強力な抗酸化作用がある
フコイダンは癌細胞を自滅させます。またフコイダンの色素細胞には強力な抗酸化作用があって免疫細胞を活性酸素の害から守ってくれます。