免疫力チェックシート

免疫力 チェックシートで自分の免疫力を診てみましょう。

免疫力が低下してないかチェックしましょう

 

あなたの免疫力は低下していませんか?免疫力チェックシートで確認してみましょう。

 

現代は、ストレス、不規則な生活、環境汚染等で、知らないうちに免疫力が低下しているかもしれません。
そもそも、免疫力とは人類の生殖能力がある期間、命を守る為に進化した力です。

 

人類の免疫力は生殖期間40年+子育て期間10年の50年が分岐点になり、50歳を過ぎると著しく低下します。
免疫力の低下によって病気にかかりやすくなり、回復にも時間がかかります。
あなたの免疫力は大丈夫でしょうか。

 

 

免疫力について

マクロファージ

免疫には、自然免疫と獲得免疫の2つがあります。
生まれながらに備わっているのが、自然免疫です。
体内をパトロールして体内に入ってきた異物を、すぐに排除するように働きます。

 

・マクロファージ

・好中球

・ナチュラルキラ細胞等

 

予防接種、病気にかかることで備わるものが獲得免疫です。
自然免疫が敵わない場合、排除する為により強力に攻撃を仕掛けます。

 

・キラーT細胞

・B細胞等

 

免疫力は、加齢により低下します。
免疫力は体調や生活習慣で、大体分かるそうですから、チェックシートで、免疫力を推測してみましょう。

 

 

免疫力チェックシートでチェックしてみよう

 

東京理科大学 生命医科学研究所 安部良 教授による、免疫力チェックシートです。
質問は53問あります。「はい」か「いいえ」で答えます。
そのうちの、「はい」の数で計算します

 

体調

 

1、 50歳以上である。

2、平熱が36度未満である。

3、冷え性で、手足が冷たい事が多い。

4、風邪をひきやすく、治りにくい。

5、口内炎やニキビができやすく、肌荒れしやすい。

6、傷口が化膿しやすく、治りにくい。

7、大便やおならの匂いが、悪臭になってきた。

8、便秘、下痢をしやすい。

9、肩凝りしやすい。

10、咳がよく出る。

11、頭痛をよく感じる。

12、花粉症やアトピーの症状が、酷くなった。

13、よく喉が腫れたり、痛くなったりする。

14、結膜炎になりやすい。

15、慢性的に疲れがあり、何となくだるい。

食習慣

 

16、肉を食べるのをやめた。(含、ダイエット目的)

17、外食が多く、食事時間も不規則。

18、一人で食事を食べることが多い。

19、朝食を摂らないことが多い。

20、早食いで、あまり噛まない。

21、空腹時、食べたい料理が思い浮かばない。

22、1週間で、同じ食事メニューが 5回以上ある。

23、食物の好き嫌いが多い。

24、甘いもの、スナック菓子を、よく食べる。

25、お腹一杯になるまで食べる。

26、食品添加物が たくさん入っているものを毎日食べる。

 

睡眠

 

27、睡眠時間が、不規則。

28、午前中から眠い。

29、寝つきが悪い。寝てもすぐに目が覚める。

30、目覚めが悪い。

31、夢を見ることが多い。

32、鼾をかく。

 

生活習慣

 

33、タバコを吸う。

34.飲酒はほぼ毎日する。

35、趣味や楽しみがない。

36、入浴は、シャワーが多い。

37、寝る前に、パソコンやスマホを見る。

38、最近、あまり笑っていない。

39、エアコンをつけた環境にいることが多い。

 

運動

 

40、運動不足である。

41、電車で立っているのが苦痛。

42、競技会に出るような激しい運動をしている。

43、よくダイエットをして、体重が上下する。

44、日中は、デスクワークや家事が中心。

45、日常 歩かないことが多い。

 

ストレス

 

46、手のひら、脇の下に、汗をかくことが多い。

47、最近、ひどくショックを受けた事があった。

48、自分は、社会や他人の役に立っていないと思う。

49、朝起きた時に、今日する事が思い浮かばない。

50、人と付き合うのが、億劫である。

51、些細な事で、腹が立ったり、イライラすることが多い。

52、何でも相談できる知人や友人がいない。

53、身の回りに、苦手な人がいる。

 

「はい」1つ2点として計算し、100点から、点数を引いていきます。
「はい」が 10個あったとすると、 100−10×2=80点となります。
判断の目安は、

 

・80点以上 青信号
免疫力の低下は見られませんが、油断は禁物。免疫力はいつ低下するか分かりません。
特に自覚症状がなくても、健康を保つ上で免疫力を維持する事が重要です。

 

・61〜79点 黄信号
免疫力の低下傾向が見られます。改善に向けた具体策をとりましょう。
一度体調を崩すと治りにくく、風邪や病気にもなりやすい状態になっています。

 

・60点以下 赤信号
免疫力がかなり低下しています。すぐに始められる対策をとり、現在の状態を改善させましょう。
風邪や体調不良、大きな病気にもつながる可能性があります。

 

 

免疫力を高める為に

 

1、体内の免疫細胞の約6〜7割が、腸内に集まっており、腸内環境が乱れると、免疫力が低下します。
食生活を見直し、腸内環境を良くしていきましょう。

 

2、規則正しい生活をして、睡眠の質を向上させましょう。
細菌やウイルスなどから身体を守ってくれるリンパ球は、体調、疾患の影響で、増減してしまいます。

 

3、湯船でしっかりと身体を温めると、疲労が早く回復し、免疫力も高まります。

 

4、定期的な運動は、血液循環をよくし、白血球の血中濃度が高まり免疫力UPにつながります。

 

5、ストレスも、免疫機能に影響を与えます。
趣味や、好きなことをやっている人は、免疫力が高い傾向にあります。

 

6、過度な飲酒は、免疫細胞が栄養不足になるので要注意。

 

7、免疫細胞は、タンパク質から作られています。タンパク質が十分に摂れないダイエットをすると、免疫力が低下してしまいます。

 

8、目的を持ち、メリハリのある生活をすると、免疫力はUPします。

 

関連ページ

ストレスの受けやすさと自律神経の傾向
ストレスの受けやすさには自律神経の交感神経と副交感神経とで違いがあるでしょうか。ストレスに弱いのはどちらのタイプなのか。興味ある話題でしすよね。 免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。風邪やインフルエンザの予防効果やその他の健康効果が証明されている免疫力アップのサプリを紹介します。