40代が人生の境目

40代が人生の境目である理由について

30代の頃はまだ免疫力はそれほど低下はしません。いくらか働き過ぎて無理をしても、ストレスが大きくても病気になるようなことはありません。

 

しかし40代に入ると、注意が必要です。決して免疫細胞である白血球が少なくなるのではありません。ただ多くなっているものが有ります。それが「顆粒球」なんです。この顆粒球が問題を引き起こすんですね。

 

40代ともなると仕事上も責任ある地位なので、中間管理職として精神的にも身体的にもストレスが大きくなるのが普通です。

 

こういったときに行いがちなのが、ストレスを解消しようとして飲んだり食べたりの生活を続けてしまうことです。多少太っている方が貫録はあるし元気に活動もできます。

 

食べて脂肪を蓄えるのは、身を守るための自然な行いとも言えます。

 

ストレスを跳ね返す力

 

太っている人と痩せている人とでは、どちらがストレスに強いでしょうか。ストレスに反発する力はどちらが持っているでしょう。

 

痩せた人が無理をすると、食欲が無くなって食べられないので病気を跳ね返す余力が無くなるので耐えられなくても、太った人は脂肪がついているので、食べられなくなっても体に脂肪を蓄えているので耐えられるんです。

 

お腹周りの脂肪は、食べられなくなったときの備えになるんです。

 

多少の脂肪は働き盛りにとっては良いことです。

 

脂肪の付きすぎはよくないのですが、多少ついている位の方がストレスに耐える力があります。あまり一方的にメタボリックシンドロームを悪者扱いする必要はないんです。

 

日本人はアメリカ人のような肥満はほとんどいません。あまりメタボリックシンドロームを悪者扱いせずに、多少の脂肪は体を守ってくれるんだと認識しましょう。

 

脂肪が付きすぎるのは良くないです。

 

脂肪が多くなると心臓に負担をかけてしまいます。そして膝や腰にも負担が大きくなります。膝や腰が悪くなると運動能力も低下するので、メタボリックシンドロームになる可能性がとても高くなってしまいます。

 

太り過ぎてるために心臓に多大の負担をかけるので、不整脈、狭心症、心筋梗塞の危険性が高くなってしまいますし、脳血管障害も同様に危険性が高くなります。

 

さらに糖尿病や、痛風、尿路結石などにもなりやすく、40代で慢性疾患を抱える可能性は高くなります。

 

最も忙しく働くことを要求されている40代が、一番病気になりやすいのです。若い人に合わせて仕事をしていると体が持ちませんから、多少仕事を控えて部下よりも早く帰るようにして、土日には軽い有酸素運動をしたりして体をいたわりましょう。

 

この40代の過ごし方でその後の50代からの生活が大きく変わってくることは間違いありません。