免疫力アップ サプリメント 低体温

免疫力を低下させる低体温

低体温が免疫力を低下させる

私たちも良く聞いたことのある次の言葉があります。

 

「冷えは万病の元」。低体温は病気の温床だと知っていますか?

 

東洋医学では冷えを病気と健康の境目にある未病の一つとしてとらえています。

 

 

私たちは普段西洋医学の医者にしかなじみがないので、東洋医学の知恵の恩恵を受けることがありません。

 

東洋の知恵は西洋医学よりも深い教えがあるようです。

スポンサードリンク

低体温の原因

ストレスが体温を低下させる

脇の下で測った体温が36℃以下を低体温といいます。

 

低体温の人は朝の起床時の体温は35℃くらいで布団離れが悪い人の場合には35℃もありません。

 

布団の中でもじもじしたり寝返りを打ったりして体温を上げるまで活動ができないのです。

 

低血圧だから起きられないというのは間違いで、低体温だから起きられないのです。

 

 

低体温は交感神経と副交感神経の偏りが原因です。ストレスに満ちた無理な生き方が、交感神経を緊張させ、心拍数を上げるのに、血管を収縮させてしまい血液の流れを滞らせます。

 

すると血行は滞ってしまい低体温になってしまいます。

 

その結果として白血球の顆粒球が増えてリンパ球の割合が減少します。これは正常な免疫力が低下することを意味します。

 

 

どちらにしろ自律神経の隔たりで低体温になります。交感神経優位で顆粒球が過剰になり、楽な生活ではリンパ球が過剰となり、かかる病気の種類が違うだけで、偏っていることが好ましくはないのです。

 

 

健康的な体温は36.5℃前後

36.5℃以上が健康的な体温

健康的な体を維持する理想的な体温は36.5℃前後です。

 

これぐらいの体温が免疫のバランスが良いのです。体温を測るのは脇の下が基本となります。

 

脇で36,3℃だと舌下や直腸では36,5℃前後、脳や内臓のある体の深部では37.2℃くらいです。

 

 

深部体温37.2℃は体内に住んでいる沢山の菌(善玉菌など)が作り出す、生命維持に欠かせない酵素が最も活発に動ける温度なのです。

 

これ以下の体温では酵素が活発に働かないため代謝がスムースに行われず、さまざまな病気を引き起こす原因となります。

 

 

若い頃は自分の力で発熱して体温も上がるのですが、活動力の低下する50歳代くらいからは発熱ができなくなり、年を経るにつて段々寒さを感じるようになります。

 

よくお年寄りが春になっても足首までのももひきを履いているのは、だんだんと発熱を自分でまかないきれなくなって、温かい下着をつけて放熱を防いでいるためなのです。

 

80歳までは散歩するとか、好奇心が強いとか活力があるので体温は高めがいいのです。

 

 

それでは逆に楽にしていれば良いかというと、そうでもありません。

 

確かに副交感神経が優位になると血管が拡張して血流が増えるのですが、その結果血液が沢山必要となり血液の供給が追い付かずに、循環障害になってしまいます。

 

副交感が優位に働いても結果的には低体温になります。

 

副交感神経が優位になると顆粒球の割合が減って、リンパ球の割合が増えます。

 

病気の8割は低体温で起こる

 

低体温が免疫力を低下させる

病気のうち8割は交感神経緊張の状態が続いて、血流が滞って低体温になることで引き起こされています。

 

心臓や血管に負担がかかっておこる狭心症、不整脈、心筋梗塞も無理することで起こるくも膜下出血も薬を飲みすぎて起こる病気も血流が滞って低体温になるからです。

 

言い換えれば低体温は病気の温床です。

 

痛風や尿路結石は交感神経の緊張した生活の中で起きます。

 

無理を重ねて血流が悪くなることで低体温になり老廃物が溶けきれないで結晶化して病気になるのです。

 

溶けきれない尿酸が針のような結晶になって痛風に、コレステロールは胆石症に、カルシウムは尿路結石になります。

 

 

このようなときには体温を上げましょう。

 

体温を上げると免疫の活性が高まり、血流がよくなると症状がよくなります。病気は温めると治るようにできているのです。

 

体温と心の働きは密接に結びついている

 

体温と心の働きは深い関係があります。

 

体温が低くなると心まで冷えてネガティブな考え方になるし、逆に体温を上げると気分は爽快でリラックスした生き生きとした気分となり活動的になります。

 

低体温は心の働きを関係が深い

理想的な体温は36.5℃前後で、リンパ球の占める割合ははベストな38%に調整されます。。

 

体温は37度より低くなると「やらねばならない」という気持ちになり交感神経優位の状態になります。

 

交感神経が優位になるとリンパ球の割合は30%以下になり免疫力は低下します。

 

顆粒球が多すぎる状態ですから顆粒球によって放出される活性酸素による組織が酸化されて破壊される胃炎や胃潰瘍といった病気が多くなります。

 

 

反対に副交感神経優位のほうへ体温が低くなるにつれて怒ることもなくゆったりした精神になります。

 

36℃より低くなるとだるやさや憂鬱さが伴ってきます。

 

副交感神経が優位になってリンパ球が50%以上になり免疫力が過剰になります。リンパ球が多すぎると免疫過剰でアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症というようなアレルギー疾患が多くなります。

 

体温と自律神経の関係を下の図にしめしました。これによると、交感神経と副交感神経の働きがどちらに偏っても低体温になることがわかります。

 

腋下の温度で36℃以上ある必要があるのです。朝の目覚めの時の低い体温でも36℃以上。どんな時に測っても36℃は必要だということです。

 

自律神経系と腋下の温度の関係

(引用グラフ 自律神経系と体温の関係  出典 「免疫進化論」(安保徹著)

 

ところで体温の測り方理解していますか。

 

体温を測るときに、何分間測ってますか?恥ずかしいことに、よく理解していませんでした。電子体温計でピピピと音がすればそれで体温を読んでました。これが間違いでした。

 

電子体温計には予測式と実測式とがあるんですが、実測式はピピピというと音は、まだ途中だけど正常に測定しつつあるという音だというのです。

 

実測式は10分測定しないと正確に測れません。予測式は比較的早く終わりますが、実際の体温を予測して測るので、あくまで予測値だということです。正確に測るには実測式で10分間測定が一番妥当です。

 

私の場合で10分間測定すると0.5℃は高くなったので、思い込んでいた体温よりは大分高いはずですよ。

スポンサードリンク

関連ページ

免疫異常を起こす食生活
免疫異常の原因の一つが食生活です。免疫力アップのサプリメントを紹介します。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。風邪やインフルエンザの予防効果やその他の健康効果が証明されている免疫力アップのサプリを紹介します。
免疫力を低下させるタバコ
免疫力を低下させるタバコは衝撃的な内容です。免疫力アップのサプリメントを紹介します。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。風邪やインフルエンザの予防効果やその他の健康効果が証明されている免疫力アップのサプリを紹介します。
免疫力を低下させる抗生物質
免疫力を低下させる抗生物質を風邪を引いたぐらいで処方してもらっていませんか。安易に抗生物質を使うと免疫力を低下させます。
免疫力を低下させるストレス
免疫力を低下させるストレスは深刻に赤ちゃんから高齢者までに大きな影響を与えています。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。風邪やインフルエンザの予防効果やその他の健康効果が証明されている免疫力アップのサプリを紹介します。
免疫力を低下させる過度の清潔
免疫力を低下させる過度に清潔にしていませんか。それが現代に免疫疾患の多い一つの原因になっています。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなります。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。風邪やインフルエンザの予防効果やその他の健康効果が証明されている免疫力アップのサプリを紹介します。
免疫力を低下させるシックハウス症候群
免疫力を低下させるシックハウス症候群について情報をていきょうします。女性も40代になると体調不良に悩む事が多くなりまが、シックハウス症候群など住環境の悪化も原因の一つかもしれません