風邪やインフルエンザは解熱しなければ免疫力アップ

免疫力アップするためには解熱しないこと

皆さんは風邪をひいて発熱した時に、何度までは我慢しますか?風邪は最もありふれた感染症で、原因となるウイルスは多く200種類以上もいると言われます。

 

かなりたちの悪いのがインフルエンザウイルスです。感染力が普通の風邪よりもかなり高いので、免疫力が高い人であっても、感染は防げないのです。

 

感染は防げなくても体内に入ったウイルスと免疫細胞が戦うときには、やはり免疫力がものをいいます。

スポンサードリンク

インフルエンザの発熱の意味

 

みなさんは風邪やインフルエンザで発熱する事を悪いことだと思ってませんか?

 

インフルエンザウイルスが猛威を振るっている悪い症状だと思っている人は多いと思います。

 

この発熱というインフルエンザの典型的な症状は、免疫細胞の働きなのです。

 

免疫細胞は持てる力を最大限に発揮するために発熱をしているのです。ですから体はしんどくても解熱することは免疫細胞の働きを弱らせることになるのです。

 

却って症状が長引いてしまうことがあります。

 

 

 

ただ、体力のない高齢者や子供では高熱そのものに弱いこともあるので、主治医の指導を仰いでください。

 

逆に普通の体力のある人は下手に解熱しないようにしましょう。このほかにも、のどの痛みやくしゃみ、鼻水などの症状も免疫細胞がウイルスと闘っている証拠なので下手に薬で抑えない事が大事なのです。

 

病気は温めると治るようにできています

 

一般的に病気で辛い時には病院へ行き、症状を抑える薬を貰うでしょう。

 

インフルエンザや風邪に罹った時に、解熱してはいけないと言いましたが、一般の病気の時にも免疫細胞が働きやすいように、体を温めるほうが良いのです。

 

大事なのは症状を抑えるのではなく、免疫細胞が働きやすい体の状態にすることです。

 

乳酸菌の死菌に免疫効果のある理由

 

死菌なのになぜ免疫効果があるのだろう?と思うのは無理もありません。生菌でないと有効ではないのでは?と思ってる人も多いと思います。安心してください。

 

死菌が腸に吸収されると、異物が入ってきたという信号が免疫細胞に送られて、免疫細胞が活発に働きだすのです。免疫気細胞である白血球が感染防御反応や制癌作用を活発化させるのです。

 

実際に腸まで生きて届く乳酸菌も腸に吸収されるときには死菌になっているのですから、生菌とか死菌だとかは意味のない区別になります。

 

乳酸菌の免疫効果、整腸効果は菌の生死よりも、菌数が多いかどうかが重要になります。沢山の乳酸菌を摂取することが重要なんです。

 

その点乳酸菌の死菌は品質が一定でグラム中の乳酸菌数が圧倒的に多くなるのが大きなメリットです。

スポンサードリンク

関連ページ

免疫力をアップするために重要なストレス解消
免疫力をアップするストレスをはじめとした生活習慣について、このサイトのまとめ的な記事にします。生活習慣は毎日繰り返すから良くも悪くも影響が大きいです。この際自分の生活が免疫力アップする生活にしてみませんか。
口呼吸を改善して免疫力を高める方法
口呼吸を改善しないと免疫力が低下するばかりです。口呼吸から鼻呼吸への改善によって免疫力が高まる理由とその方法について紹介します。
免疫力を高めるサプりとは
免疫力を高めるサプりとはどんな成分を含んでいるのか、、どのように免疫力を高めるのかについて、サプリそれぞれの特徴を理解することも大事です。
免疫力アップのための半日断食の実践報告
免疫力アップのための半日断食を実践しています。朝食を食べないというだけですが、それでは力が出ないでしょうとと言われます。でもそれは誤解です。実際には非常に体調が良くなるんです。
朝食を抜くと免疫力は下がるの?
朝食を抜いてはいけないと良く言いますが、本当でしょうか。抜くと免疫力が下がるでしょうか。食事と免疫力アップの関係について紹介します。
免疫力アップの入浴方法
免疫力アップの入浴の方法です。低体温の女性は多く、病気の原因を抱えて生きているようなものです。入浴を利用して低体温を普通の体温にできる方法を紹介しています。
免疫力を高めるリンパ球は12時までに寝る事で増える
免疫力アップにはその日のうちに寝るという事が大事です。体を成長・修復する物質が分泌されるのは睡眠時ですから遅くまで起きていては免疫力が低下します。
免疫力アップをする漢方
免疫力アップの方法にはいろいろありますが、免疫力アップをする漢方についてを紹介します。40代になると体調不良に悩む女性に効果のある漢方の紹介です。
免疫力を上げ三井式温熱治療〜癌など生活習慣病〜
免疫力を上げ三井式温熱治療〜癌など生活習慣病〜。免疫力アップの方法を紹介します。温熱が持つ免疫力アップの効果を利用できる三井式温熱治療がもっと知られれば恩恵を受ける人が増えるでしょう。
免疫力アップできるラジウム温泉で寛ぐ
免疫力アップのラジウム温泉に行ってきましたよ。免疫力をアップすると病気にかかりにくくなり健康で幸せな人生が送れます。温泉を利用するならラジウム温泉がおすすめです。
免疫力アップの睡眠を自分で作る
免疫力アップの睡眠方法は簡単です。幾つかのポイントを上手に活用した睡眠を行いましょう。
免疫力をアップする日記
免疫力をアップする日記のつけ方。日記はストレスを解消する効果があります。そういう視点で日記を利用してみませんか。
抗酸化作用のある食品が免疫力の低下を予防します
活性酸素は腸管の善玉菌を減らす働きがあることわかっています。活性酸素を免疫力で抑えるというより、活性酸素の過剰発生を防いで免疫力を低下させないことになります。
免疫力アップする運動
免疫力アップの運動の方法です。免疫力アップできる運動は有酸素運動を選びましょう。無酸素運動は免疫力を低下させるので要注意です。
免疫力アップには歩行だけでは足りません
免疫力アップのための歩行のコツについての情報です。
免疫力を低下させる冷暖房
冷暖房は使い方で免疫力を低下させます。特に冷え過ぎは低体温となり病気の原因を作り出すことになります。ここでは冷暖房の利用の仕方について書いています。
栄養をつけると風邪が早く治るというのは真っ赤な嘘
栄養をつけると風邪が早く治るというのは嘘です。逆に免疫力を低下させ風邪を治りにくくする行為なのです。従来の常識には沢山の嘘があるので、自分で情報を集めて判断する必要があります。にかかりにくくなり健康で幸せな人生が送れます。
日光浴は免疫力を低下させる
日光浴は健康的だと思われていますが、そうではありません。紫外線の害などを考慮に入れないと大きく健康を損なうことになります。
免疫力のアップには酸素をたっぷり含んだ血流を良くする
免疫力のアップには酸素をたっぷり含んだ血流を良くすることが重要です。普段の生活で低酸素状態になる時はストレスを強く感じる時です。
高血圧でも低体温の人が免疫力をアップする方法
高血圧・低体温の人は心臓に血液が環流しにくい状態です。そういった方の免疫力アップの方法をお伝えします。
免疫力アップとアレルギー予防
アレルギーは免疫力が高すぎて起こるという考え方がありますが、実際には免疫抑制の結果起こるのが亜アレルギーです。アレルギー予防についてのお話です。
花粉症は花粉で制するとは?
花粉症を治すのに花粉を使う療法があるのをご存知でしょうか。減感作療法というもので、花粉エキスを注射して花粉症を治すというもの。
免疫力アップの力を持つ音楽
免疫力アップの力を持つ音楽の力についての情報です。性も40代になると体調不良に悩む事が多くなります。免疫力をアップするための音楽について紹介します。
免疫力アップのツボ
免疫力アップの方法としてツボについての紹介です。女性も40代になると体調不良を癒す方法を色々と試したくなりますね。その一つとして秘かなブームのツボについて紹介します。